タイトル部分13

江崎グリコ(大阪市)は13日、スティック菓子の「ポッキー」が、2019年に世界で最も売れた「チョコレートでコーティングされたビスケット」として、ギネス世界記録に認定されたと発表した。約5億9000万ドル(約620億円)を売り上げ、世界一と認められた。  ポッキーは1966年、国内で発売した(当初の名称は「チョコテック」)。持ちやすくチョコレートが手に付かない手軽さが人気を呼び、現在は米国や中国、シンガポールなど世界30か国・地域で販売されている。  1990年代に売り上げが減少した時期もあったが、国内では「極細」「つぶつぶいちご」「アーモンドクラッシュ」など品ぞろえを増やし、年齢や性別を問わず幅広い消費者を取り込んだ。  2010年代には、各国で異なっていた商品名(マレーシアでは「ロッキー」)を「ポッキー」にほぼ統一した。各国の気候・風土や好みに合わせ、原料のカカオの品種を使い分けた。  その結果、直近の5年間で売上高が1・5倍に伸びた。「MIKADO」の商品名で販売されている欧州分は、今回の記録に含まない。  グリコの広報担当者は「ポッキーを食べて一人でも多くの人が笑顔になってほしい」と話している。27日には、ギネス認定の特別パッケージ商品を発売する